山野ねこのブログ

小説投稿サイト「カクヨム」で活動する、山野ねこのブログです。よろしく!

小説執筆5つのルール

 いきなりですが、以下の5つは小説執筆の基本的なルールです。普通の小説はこのルールに従って書かれているので、守ったほうが無難です。

①段落の最初は1字下げる
三点リーダは2つ続けて使う
③ダッシュも2つ続けて使う
④?や!の後には空白を1マス入れる
⑤セリフの最後に句点をつけない

 以下で、詳しく解説します。

 

①【段落の最初は1字下げる】

 学校の作文の授業で習ったように、段落の最初は、1文字下げましょう。

 カクヨムには、これを自動的にやってくれる機能があります。執筆ページの左下の「カクヨム記法を使う」ってのをクリックすると、左にウインドウが出てきます。その一番下、本文を整形の「段落先頭を字下げ」で、一気にすべての段落の先頭が一字下がります。 

 ⇒編集サイドバーを使って便利に編集する - カクヨムヘルプセンター

 

 セリフの場合は、一字下げなくていいです。カクヨムの「段落先頭を字下げ」でも、セリフは下がりません。ただ、セリフを引用した地の文を書くときは、私は一字下げてから、括弧を始めるようにしています。

【例文】
 家を出たところで、黒猫を見た。
 「あなたには黒猫の霊がついていますよ」、昨日、居酒屋で占い師に言われた言葉が脳裏によみがえる。
「でも気にしない、だって私は無神論者!」
 私は恐怖を振りはらうかのように叫んだ。

 みたいな感じ。「あなたには~」は、セリフを引用した地の文なので、頭を一文字下げています。「でも気にしない~」は、独り言で叫んだセリフなので、字下げをしていません。

 

②【三点リーダは2つ続けて使う】

 三点リーダというのは…←これです。とてもよく使う記号です。

 ・(中点)や、(読点)を使う方もいますが、基本的に、三点リーダを2つ続けて使います。以下の場合、2番目だけがOK。

1「かわいい猫…」     三点リーダ1つ  (>_<)ダメ!
2「かわいい猫……」    三点リーダ2つ  (^o^)OK!
3「かわいい猫………」   三点リーダ3つ  (>_<)ダメ!
4「かわいい猫・・・」   中点3つ     (>_<)ダメ!
5「かわいい猫・・・・・・」中点6つ     (>_<)ダメ!
6「かわいい猫、、、」   読点(てん)   (>_<)ダメ!
7「かわいい猫。。。」   句点(まる)   (>_<)ダメ!

 この三点リーダ、出し方は「てん」や「さんてん」と平仮名で打って、変換します。「てんてん」と打てば「……」に変換できます。

 もしくは、・(中点)を3つ続けて打って変換、これでもいけます。中点は、キーボードの右下の「め」のキーです。よく使うなら、単語登録して一発で出るようにしておくのも、良いと思います。

 単語登録は、IMEとかの文字入力ソフトのツールで出来ます。おすすめは、「……」の読みを「;」にしちゃうこと。真ん中の右の方にある「れ」のキーです。 

 あと、長く使いたいときは、偶数個の三点リーダを使います。2個セットですから、4か6か8、みたいな。三点リーダ5個や7個はダメってことです。

 

③ダッシュも2つ続けて使う

 ―(ダッシュ)です。引用をしたり、話題を変えたり、説明につなげたり、詰まった言葉からのセリフの冒頭とか、いろいろと使えます。

【例文】
 かわいい猫がいた――毛並みの良い黒猫である。うっかり踏んづけた。
「――まさか、足元に猫がいるなんて」
 
 みたいな感じ。使うときは、―(ダッシュ)を2つ続けて使うのが基本です。以下の場合だと、2だけが正しいです。

1かわいい猫がいた―毛並みも良い。   ダッシュ1つ    (>_<)ダメ!
2かわいい猫がいた――毛並みも良い。  ダッシュ2つ    (^o^)OK!
3かわいい猫がいた―――毛並みも良い。 ダッシュ3つ    (>_<)ダメ!
4かわいい猫がいたーー毛並みも良い。  長音(のばす音)  (>_<)ダメ!
5かわいい猫がいた--毛並みも良い。  全角マイナス    (>_<)ダメ!
6かわいい猫がいた‐‐毛並みも良い。  全角ハイフン    (>_<)ダメ!
7かわいい猫がいた__毛並みも良い。  アンダーライン   (>_<)ダメ!

 ダッシュの出し方は、キーボードの上の数字キーの右の「ほ」を変換するか、「だっしゅ」と平仮名で打って変換。これも三点リーダと同じく、よく使うので、単語登録したら便利です。「;」を「……」にしたら、隣の「:」を「――」にするのがおすすめ。「:」は「け」のキーです。

 また、これも三点リーダと同じく、2個セットで使うのが基本です。長く使いたいときは、奇数ではなく偶数個つなげて使うようにしましょう。

 

④?や!の後には空白を1マス入れる

「駅前にラーメン屋があるの知ってます?その裏に猫が捨てられていたんですよ!白黒のぶちの、かわいい猫が!」

 というようなセリフの場合、?と!の後ろに空白(全角)を1マス入れましょう。

「駅前にラーメン屋があるの知ってます? その裏に猫が捨てられていたんですよ! 白黒のぶちの、かわいい猫が!」
 
 どうです? 読みやすくなったでしょう! セリフのみならず、この文章のような地の文でも空白は空けましょう。上の文の?と!の後にも空白があるでしょう。ただし、?や!の後であっても、セリフの最後の」の前には、空白は必要ありません。――かわいい猫が!」となります。

 あと、?も!も、全角を使用します。ただ、!?なら、半角2つ合わせても構わないと思います。数字も、普通は全角使用です。

 

⑤セリフの最後に句点はいらない。
 
「それで、猫を飼うことにしたんです。」の様にはしない、ということです。
「それで、猫を飼うことにしたんです」でOK。

 最後に?や!や……や――がくるのは大丈夫です。「。(句点)」だけ、書いたらいけません。あと、最後じゃなければ「。」をつけていいです。

「それで。猫を飼うことにしたんです!」は、OK。

 

 もう一つ、思いついたので書きますが、本の題名や音楽の曲名を括弧で括る場合は、『』を使うのが普通です。新聞とか雑誌での表記が、そうなっているのです。

 実は、新聞や雑誌で、「こういう場合に、どう表記するか」というのは決められていて、例えば、「でき」を漢字で書くか平仮名で書くかならば――「出来が悪い」&「僕にはできない」、「ない」を漢字で書くか平仮名で書くかならば――「猫の餌が無い」&「僕はしらない」とか、文脈で決められています。

 そのへんは『記者ハンドブック』という本に書いてあります。アマゾン等でお買い求めください。いわゆる、「漢字をひらくか、ひらかないか」などの基準が、すべて載っています。


 以上、5つのルール(と、蛇足)を紹介しました。一応、言っておきますが、小説は自由なものです。どんな表現でも良いし、今、紹介したルールを守らなければいけない、ということではありません。

 

 しかし、これが一般に浸透しているルールである以上、特にこだわりがなければ、このルールに従って書いたほうが、多くの人にとって読みやすい作品になるのです。

 

kakuyomu.jp