山野ねこのブログ

小説投稿サイト「カクヨム」で活動する、山野ねこのブログです。よろしく!

文学フリマに参戦するよ!

 こんにちは。山野ねこです。カクヨムで小説を書いたりしています。

ブラッドライン(山野ねこ) - カクヨム

 

 ネットで小説を発表して、読んでくれる人がいて、感想をもらったりして、それは嬉しいんですが。何か、ほかにも自作を発表できる場所がないかなー、と探していたら、こんなものを見つけました。

文学フリマ - 文学フリマ公式サイト-お知らせ

 

 コミケの小説版、のようなものですね。コミケ行ったことないから知らないけど。「げんしけん」の知識ぐらいしか、ありませんけれど。

 

 ここで、自作の小説を販売したりしているらしい。その昔、『火花』の又吉さんも、プライベートで参加していたとか。へぇ、これは面白そう。っていうので、来る5月7日に東京で行われる文学フリマに参加することにしました! 

 

 と、申し込んで、ブースの確保ができたはいいんですが、ここから「本」をつくらなきゃいけないんですね。でも私、本なんて作ったことがない。作り方もわからない。初期キリスト教伝道師のように手書で写本という手段もちらと頭をよぎりましたが、そうすると、人件費を考えて、1冊3万円くらいで売らないと元が取れないと思いますので、写本案は却下。

 

 目の前にある機械で「小説 個人 出版」とか検索すると、便利ですね、インターネット。小説同人誌を印刷してくれる会社、ごろごろあるんですね。もう本文は出来上がっているので、それをワードのテンプレ(同人誌の会社のサイトからダウンロード)にはめ込んで、出来上がり。簡単なものです。これで、本当に本がつくれるのか? びっくりですわ。

 

 200ページほどの文庫本で、原価が1冊、260円くらい。高いのか安いのか分かりませんが、本屋ではこれを600円くらいで売っていますからね。340円は誰の手に入るのでしょうか。印刷屋の取り分は、もう取っているから、この340円を、出版社(編集者)と作者と本屋で分け合うんでしょうな。作者の印税は10%と聞いたことがあるから、60円を作者で、残り280円で出版社と本屋。ふうむ。出版業界を、ちらりとのぞき見です。

 

 さぁ、これをいくらで売るかというのが悩みどころですが。私の場合は、そもそも「読んでほしい」が動機ですから、最大部数はけることが目標。利益ではなく、最大販売部数からの値段設定にしたい。かといって、無料にすると、それはそれで怪しいな、と。宗教っぽいし。ってことで、100円。260円で刷って、100円で売る。一冊売るごとに160円の赤字。そんな出血大サービスどころか、切腹して腸がぴろぴろ出てるよ状態で、文学フリマに参戦します!

 

 5月7日の日曜日、ゴールデンウィークの最終日ですかね、東京流通センター(靴屋じゃないよ。羽田の近くの駅)ってとこで開催する文学フリマ。お暇な方はお立ちよりください。そして、「山野ねこ」のブースで160円赤字の文庫本を販売しておりますので、ぜひ買っていってください。

 

 あ、ちなみに私は、その日はいけないので、東京にいるCIA時代の仲間に頼んで販売してもらう予定です。あしからず。ではまた!